The SANDBOX(サンドボックス)とは?ゲーム概要・土地の買い方・価格の考え方 | ブロックチェーンゲーム

海外BCG

The SANDBOXは、ゲーム世界に広がる土地の上でユーザ自身がゲームやアイテムを作成してみんなで遊ぶことができるゲームのプラットフォームです。元々The SANDBOXのタイトルは世界中で人気を博していますが、そのブロックチェーンゲーム版がリリースされることで注目を集めています。

私が考える盛り上がりの理由は以下の3点。

  • スクエアエニックスやBinanceをはじめとした世界中の企業から出資を受けている
  • 仮想空間(メタバース)上で実現できる世界感・経済圏に対する期待値が高い
  • 販売中の土地が非常に高値で取引されている

本記事では、The SANDBOXのゲーム概要・土地の買い方・価格の見方を紹介します。

YUU
YUU

コインチェックの土地販売でサンドボックスを知った人も多いはず。どんなゲームで、どんな土地に価値があるのかしっかりチェックしておこう!

本記事はサンドボックスの地主のRainMaker(@b_sangokuさんに色々な情報を提供いただきました。ご協力ありがとうございました!

TheSANDBOXとは?

引用元:TheSANDBOX公式HP

The SANDBOXはゲーム内の仮想世界(メタバース)上でプレイヤー達がボクセルアートやゲームを作成できるゲームプラットフォームです。

本タイトルはブロックチェーンの技術により独自の通貨「SAND」を用いた経済圏を持つことが特徴で、土地を持つプレイヤーが作成したゲームへの参加やボクセルアートの販売など様々な経済活動が可能となっています。

そのため、スクエアエニックスやATARI、BLANKOS、AxieInfinity、マイクリなど様々なゲーム会社が自身の土地を保有しています。土地を持たないプレイヤーもプレイでき、ゲーム上の土地を走り回って様々なランドが提供するゲームを遊んで楽しめるようになるでしょう。

販売中のLAND MAP

これまでプレセールでTheSANDBOX上の土地の一部が販売されており、すべてが瞬く間に完売しています。上のMAPの細かなセルひとつがひとつが土地です。

すでにセールは数回実施されており、購入された土地は青色もしくはアイコンが設定されています。

土地(LAND)を所有することの意味

土地(LAND)を所有することの意味は以下の通りです。

公式mediumから引用

The Sandboxの仮想世界で所有や売買が可能な土地(資産)です。LANDを所有すれば、LAND上にASSETを配置してユーザー自身が、デコレーションをしたり、ゲームを制作/提供したりできるようになります。

こちらの公式の動画を見ていただくとイメージが沸くのではないでしょうか?

The Sandbox – Gaming Platform Teaser Video (2018)

自分だけの土地を作って他人とシェアするという意味では動物の森的な雰囲気でしょうか。加えて独自のゲームを作ってみんなで遊べる、物を作って商売ができるなど、様々な用途がありそうです。

ちなみに、土地のオーナーがゲームを作らなければいけないわけではなく、ここに「ゲームクリエイター」「プレイヤー」との取引が成立したり、リアルの世界に近いような様々なマネタイズ方法が考えられます。

開発を主導するのはアニモカブランズというブロックチェーンゲームを牽引する勢いのある会社で、話題のF1デルタタイムスなども同社のプロジェクトです。

ホームページはこちら。凄くカッコいいですね。

様々な企業がTheSANDBOXに出資

スクエニやスマーフ、ATARIをはじめとしたさまざまな企業が出資をしています。これらの出資企業の大多数は土地を保有しており、提供するサービスは非常に楽しみです。

TheSANDBOXの土地の価値の考え方

サンドボックスの土地は、ひとつひとつ価格が異なります。どのような土地に高値が付くのでしょうか?

最もわかりやすいのは【大企業の土地の隣接地】です。

これらのMAPを見ているとただの平面図ですが、サンドボックスの世界に入るとプロット一つ一つがすべて繋がっており、ゲームのプレイヤーは土地を行ったり来たりできます。

土地の持ち主は自分の土地に多くのプレイヤーが来て欲しいので、人が集まる土地の隣接地は多くの来客が見込めるため人気でしょう。MAP上の土地は上下左右のマップに移動可能であるため、斜めの隣接地よりも更に価値が高くなります。

一方で、ぽつんと遠く離れた土地では集客が難しいことが想定されます。

MAP画面

サンドボックスではまだ販売されていない大きな土地(ESTATE)があります。例えばドラクエで有名なスクエニはサンドボックスに出資していますがまだ土地が発表されていません。

大きな土地の隣接地は、もしかしたら誰もが欲しがる土地に化けるかもしれません。

TheSANDBOXのセール情報

直近のセール情報がわかり次第随時更新。4月にはコインチェックNFT、ゲーム内でセールが実施されました。

【終了】コインチェックNFTでランドセール

コインチェックNFTでは以下3回のセールを予定しています。4/13の販売価格は0.65ETH~1ETH。二次流通価格よりも高値が付いていることには注意が必要です。

  • 【第1弾】時間:2021/4/13 19:00~、販売数:117個
  • 【第2弾】時間:2021/4/20 19:00~、販売数:90個
  • 【第3弾】時間:2021/4/27 19:00~、販売数:103個

記事詳細ページ
【The Sandbox】初売り分が8分で完売したコインチェックのLAND、追加販売が決定!

販売価格および販売箇所一覧(価格記載あり)
https://coincheck.blog/thesandboxland1

コインチェックNFTでランドを購入する場合、コインチェックのアカウントを開設してブラウザからアクセスする必要があります。最近ではOpenseaよりも高い価格帯で取引が成立することが多いため、売却を検討している人は活用してみるのもひとつの作戦として考えられます。

コインチェックの無料登録はこちら >>

【追記】第1弾・第2弾のセールは各プロットは数秒で完売。張り付いて連打した人も買えなかった人が続出しました。

【終了】サンドボックスゲーム内でランドセール

ゲーム内でセールが実施されます。今回の告知は2日前の4/12 16時でした。

今回は、「1,874プロット」「13ESTATE」「NFT」の3種類が販売されます。(OpenseaではESTATEのオークションあり)

購入を検討している方はこの先の【TheSANDBOXの土地の買い方】をチェックして準備を済ませておきましょう。

【4/22追記】今回販売されたプレミアランドはランドに限定NFTが不随されたためこれまでの相場と比べて非常に高値で、半数に近いランドがセール終了時まで売れ残りました。そのため、以下の通りセールが実施されます。こちらは二次流通価格より安いため連打戦が想定されます。

  • セール日時:2021/4/22 22:00~
  • セール価格:1,011SAND(約5.5万円)

TheSANDBOXの土地の買い方

TheSANDBOXの土地を購入する方法は大きく2つあります。

  • ゲーム内のセールで購入(SAND)
  • 二次流通マーケットで購入(ETHなど)

それぞれ見ていきましょう。

ゲーム内のセールで購入

ゲーム内セールへの参加は以下の流れです。

1.TheSANDBOXのアカウントを作成
2.仮想通貨SAND・ETHを購入
3.SAND・ETHをTheSANDBOXアカウントのウォレットに送付
==セールの開始時間==
4.土地を買う

※セールで土地を買う際にガス代が発生するため少量のETHが必要

TheSANDBOXのアカウントを作成

まずはTheSANDBOXのHPに行き、右上の【Sign In】を選択します。このとき、必ず一番右の【ウォレット接続】から作成しましょう。メルアド・SNSログインをするとあとからArkaneウォレットへの接続が必要となり苦戦します。

仮想通貨SANDを購入

SANDはバイナンスかUNISWAPで入手できます。

■Binanceで購入

SANDは海外取引所バイナンスで購入することができます。

引用元:TheSANDBOX公式Twitter
引用元:TheSANDBOX公式Twitter

■UNISWAPで購入

SANDはUNISWAPでもSWAP可能。ETH-SANDのスワップはこちら

上記リンクは公式のページから遷移できるリンクですが、念のためコントラクトアドレスが下記と一致していることを確認してください。
SANDのコントラクトアドレス:0x3845badade8e6dff049820680d1f14bd3903a5d0

■ガス代分のETHを準備

SANDで土地を購入しますが、ガス代はETHで支払う必要があります。少量確保しておきましょう。

SAND・ETHをウォレットに送付する

TheSANDBOXのアカウントページに記載されているウォレットアドレスにSAND・ETHを送付してセールの開始時間を待ちましょう。

メタマスクにSANDを表示させる手順は以下。

■メタマスクにSANDを追加

トークンを追加 > カスタムトークン

「Token Contract Address」に以下のアドレスを貼り付け
※Coingeckoでコントラクトアドレスを取得する方法が最も確実です

0x3845badAde8e6dFF049820680d1F14bD3903a5d0

メタマスク・サンドボックスアカウントにSANDが表示されればOK。

以上でセール参加の準備ができました。MAP画面で販売される土地を買いましょう。

セールの情報はTwitterアカウントで公開されます。「ESTATE」は複数のLANDプロットのバンドルです。

二次流通マーケットで購入

The SANDBOXの土地は二次流通で購入することも可能。主な流通市場は以下の2つです。

  • Opensea
  • コインチェックNFT(β版)

■Opensea

Opensea

セール以外で土地を購入する場合、基本的にOpenseaで購入するのが良いでしょう。理由は、世界中のプレイヤーがOpenseaを利用するため取引量が多く、市場の合意価格に最も近いからです。

■コインチェックNFT(β版)

コインチェックNFT(β版)

2021年3月以降、コインチェックNFT(β版)で購入することも可能になりました。コインチェックは入庫・出庫に手数料がかかるためOpenseaよりも割高の価格で取引されます。購入だけでなく売却して利益をあげたい人はコインチェックを開設しておくことが必須でしょう。

コインチェックの無料登録はこちら >>

以上です。

Twitterで毎日ブロックチェーンゲームの情報を発信しているので、よかったらYUU(@YUU_GamingLabo)をフォローしてみてください😁

コインチェックNFTで販売されているクリスペもこれから盛り上がるかもしれないので是非チェックしておきましょう。

プロフィール
この記事を書いたひと
YUU

2018年末からブロックチェーンゲームを始め、ゲームで生きられる世の中が来ることを確信。【ゲームプレイ】【NFT投資】【NFTトレード】など様々な手段で稼ぐことを目指しています。知能と資産は高くありませんが好奇心は割と旺盛です。プロフィールはつらつらと赤裸々に書きました。

YUUをフォローする
海外BCG サンドボックス
YUUをフォローする
ブロックチェーンゲーム初心者の館

コメント

タイトルとURLをコピーしました