【NFTトレカ】SKE48のトレカは今後値上がりする?カンファレンスから予測する2次流通市場

NFTトレカ

2020年10月23日に開催されたTokyoBlockchainContentsConference2020で、NFTトレカの販売元 GO!WALLETを提供するSmartApp代表 高さんからNFTトレカに関する発表がありました。

投資の目線で公演の要点をまとめ、わたしなりに考察をしてみようと思います。

YUU
YUU

公演を聞いて、NFTトレカをたくさん連打して正解だったと思ったよ!

NFTトレカに関する3つの要点

パックの販売状況

これまでの調査通り、13公演全てが完売したことが発表されました。

SKE48「いきなりNFTトレカ」に関するまとめ記事を読んでいない方はこちらも合わせて読んでみてください。

発行されたNFTトレカの枚数は販売用で1,600パック8,000枚です。
※販売パック数の内訳は以前書いたこちらの記事にまとまっています。

さらに、購入者数が発表されました。

・購入成功者は344アドレス

・全13公演コンプリート者は14アドレス

ひとりが複数アドレスから購入していることは考えづらいので一人1アドレスとしてここから単純に一人あたりの購入パック数を計算すると、1,600パック÷344人=4.65パック/人となります。

やはり買う人は多く買っているということがわかります。
※純粋なSKEファン層と投資家層の内訳は不明ですが、以前高さんへのインタビュー内でファン層もしっかり一定数いると発言されていました

NFTの共通仕様プロジェクトOct-Passへの参加

NFTとはNonFungibkeTokenの略で、アイテムそれぞれの唯一性が担保されているものを指します。
※わたしの落書きが書いてある千円札はNFTだし、電子データ上の1円はNFTではない、というイメージ

NFTはそれぞれ「アイテム名」「攻撃力」「公演名」など、利用されるゲームやアートによって様々なメタデータを持ちますが、そのメタデータ仕様をみんなで合わせようというのがOct-Passです。

素人の憶測ですが、おそらくマイクリとクリスペでメタデータのカラムなどが異なることからゲーム間のコンバート(相互利用)が大変だったのかなと予想しています。Oct-Passではこの辺りの仕様を共通化してお互いのコンテンツがNFTのメタデータを読みかえていく形になるのかなと。

Oct-Passにはマイクリやブレヒロなどの日本のBCGパイオニアであるDoubleJumpTokyoや、クリスペのCryptoGamesFinancieに加えてNFTトレカを販売しているSmartAppが参加しているようです。

GO BASEのNFTマーケットが年内開始予定

NFTトレカの販売元であるAmartAppのプラットフォーム事業GO BASEはNFTマーケットを展開する方針のようです。

そしてOct-Passに準拠した形でオフチェーンNFTマーケットを年明け早々にリリースすべく開発中であると発表されました。

TBCC2020の発表から推測するNFTトレカの未来

今後の方針として以下の2点を私なりに予測してみました。
 ※事実と異なる可能性が多分にあるのでご注意ください

  1. GO BASEが提供するNFTマーケットのオープンに合わせて、NFTトレカも売買可能となる
  2. NFTトレカが様々なゲームで相互利用可能となる

GO BASEが提供するNFTマーケットのオープンに合わせて、NFTトレカも売買可能となる

元々NFTトレカ販売時からNFTトレカがマーケットで売買できるようになることに言及されていたため、この予測は発表内容から考えて自然な流れではないかと思います。

気になるとしたら、NFTマーケット開始と同時にNFTトレカも扱われるか?と、NFTトレカアプリ内のマーケットとどう区別されるか?の2点でしょうか。

NFTトレカが様々なゲームで相互利用可能となる

これはNFTトレカ販売時にはさすがに予測していませんでしたが、Oct-Passの発表で割と現実的な話しになると感じました。

発表の中で「Oct-Passに準拠することでGo BASEが発行したNFTが他コンテンツとコラボすることが可能」という説明がありエンタメ領域に唯一NFTトレカだけが図示されました。

これはあくまでもNFTトレカをブロックチェーンゲームで利用できますよという説明に過ぎないのですが、チャレンジングな各社が見逃すことはしないのかなと思っています。

そして一番の裏付けは前半のセッション内でクリスペの小澤社長がサラっと自己紹介で以下の発言をしたことです。

Oct-Passに準拠したNFTは全てクリスペで使えるようにしようとしているのでよろしくお願いします

小澤社長がいいねしてくれました

ちなみに松井珠理奈は第7公演「手をつなぎながら」に封入されていて発行数は200枚です。

NFTトレカについては写真自体は保有者しか見られないので、もしカードゲームで使えるとしたら対戦相手にはモザイクでもかかるのでしょうか(笑)

NFTトレカの利用先がコレクションに閉じないということで、需要は広がると思われます。

投資目線の話しにはなりますが、1枚あたり220円で買ったNFTトレカが火を噴くといいですね!

以上です。

まだクリスペを初めていない人はこちらの記事の通りに進めればサクッとアカウントができるので是非初めてみてはいかがでしょうか?

プロフィール
この記事を書いたひと
YUU

2018年末からブロックチェーンゲームを始め、ゲームで生きられる世の中が来ることを確信。【ゲームプレイ】【NFT投資】【NFTトレード】など様々な手段で稼ぐことを目指しています。知能と資産は高くありませんが好奇心は割と旺盛です。プロフィールはつらつらと赤裸々に書きました。

YUUをフォローする
NFTトレカ コレクタブルNFT
YUUをフォローする
ブロックチェーンゲーム初心者の館

コメント

タイトルとURLをコピーしました