MetaMask(メタマスク)の使い方・導入手順【PC版/モバイル版】

ブロックチェーンゲーム基礎

メタマスクはPCからゲームで利用する仮想通貨ETH(イーサリアム)をPC/モバイルで操作するお財布アプリです。

ブロックチェーンゲームでETHを利用する場合、基本的には国内の仮想通貨取引所で「ETH」を購入し、メタマスクのウォレットアドレスへ送金する流れとなります。

こちらのページでは、PC版/モバイル版メタマスクの導入方法基本的な使い方とを紹介します。非常に便利な一方、秘密鍵をなくすとETHやNFTの紛失・盗難に繋がるため取扱いには注意しましょう。

PCが壊れたことを考えると、モバイル版も導入しておくと安心ですね。

本記事でわかること
  • メタマスクの概要
  • メタマスクの導入方法(PC版・モバイル版)
  • メタマスクの基本操作
YUU
YUU

メタマスクを導入しておくと、ゲームアイテムを保管したり自分のウォレットを複数管理できたりかなり便利だよ!

メタマスクの概要

PCメタマスク画面

メタマスクは仮想通貨ETHやETHベースのトークンを管理・操作するためのアプリです。自分の持っているウォレットアドレスをインポートして利用したり、メタマスク上で新規のウォレットアドレスを発行することができます。

メタマスクのようなウォレット操作アプリは、ブロックチェーンゲームで入手したNFTやETHベースの通貨を管理・操作できる非常に便利なアイテムです。数あるウォレット操作アプリの中でメタマスクを選ぶことのメリットの一つは、世界中のイーサリアムネットワークユーザがメタマスクを利用している点です。困ったことがあればググって情報が探せるのは大切ですね。

知っておいて欲しいのが、メタマスクはあくまでも【ウォレット操作アプリ】なので、メタマスクで作成したウォレットアドレスをTokenPocketなど他のウォレット操作アプリにインポートすることも可能です。他のウォレット操作アプリにウォレットをインポートする際には【秘密鍵】を使います。

注意したいのが、逆に言えば【秘密鍵】さえあればあなたのウォレットアドレスをだれでも操作できるようになります。秘密鍵は、銀行に例えると「キャッシュカード・暗証番号・ATM」が全て一体化したものです。

奪われた瞬間にお金が下せるし、失くしたら取り返しがつきません。正しく管理していきましょう。

メタマスクの導入方法(PC版・モバイル版)

それではメタマスクの導入方法を説明します。本記事では以下のシナリオに沿って手順を紹介します。

  • PC版でメタマスクを導入
  • PC版のメタマスクをモバイル版に同期

※本記載シナリオは一例で、必ずしもPC版を利用する必要はありません

PC版でメタマスクを導入

まずはPCでメタマスクを導入する手順を紹介します。

1.メタマスクのHPから拡張機能をダウンロード

メタマスクのHPから拡張機能をダウンロードしましょう。偽物のサイトがあるのでグーグル検索で引っ掛からないように注意してください。

ダウンロードボタンを押します。

サポートされているブラウザを確認し、インストールしましょう。

インストール画面に進んで「拡張機能を追加」を選択すれば完了です。ブラウザの拡張機能リストからキツネのアイコンをクリックするとメタマスクが起動します。

2.新規ウォレットを作成

新規ウォレットを作成する手順は以下の通り。

  • 【Create a Wallet】を選択
  • パスワードを設定(接続時によく入力します)
  • シークレットバックアップフレーズのメモと入力(ウォレット自体の復活の呪文)
     →PCが壊れたときなどに使うので、紙に印刷するなど厳重に管理すること

以下の画面が開けば完了です。(ウォレット名称を「新規作成」に変更しました)

PC版のメタマスクをモバイル版に同期

続いてモバイル版に同期する方法を紹介します。まずはアプリをダウンロードしましょう。

※ここからはiPhoneの画面をベースに紹介

アプリを起動すると以下の画面が立ち上がります。

アプリを開始すると、以下3つの選択肢が出てきます。

  • インポート:他のメタマスクを12個のシードフレーズを使ってインポートして利用を開始
  • PC版と同期(Sync):PC版のメタマスクと同じ状態で利用を開始
  • クリエイト:新規にウォレットを作成して利用を開始

今回はPC版をモバイル版に同期していくので、【PC版と同期(Sync)】(Sync with MetaMask extention)を選びましょう。

モバイルに表示される指示(上図)に従ってPC版のメタマスクを操作し、QRコードをスキャンすればOK。凄く簡単です。

メタマスクの基本的な使い方

それではメタマスクの基本的な使い方を紹介します。

紹介するメタマスクの基本操作
  • ウォレットの新規作成・インポート・切替
  • ウォレットアドレスのコピー
  • 送金方法
  • 秘密鍵のエクスポート
  • カスタムトークンの追加
  • アクティビティの確認
  • 接続済みサイトの確認

ウォレットの新規作成・インポート・切替

メタマスクを起動して右上の丸いアイコンを押すと上図のような管理メニューが開きます。

新規アカウント作成する場合は【アカウント作成】を選択すればOK。既に使っているウォレットを追加したい場合は【アカウントのインポート】から「秘密鍵」か「JSONファイル」を選択してインポートすることが可能です。

アカウントが複数ある場合、本メニューから使いたいウォレットを選択すればアカウントの切替ができます。

ウォレットアドレスのコピー

他人からETH・NFT・トークンを受け取る際、自分のウォレットアドレスを要求される場面が多くあります。該当のウォレットに切り替えたうえで自分のウォレットアドレスをクリックすればコピーが完了します。

送金方法

メタマスク画面中心の【送る】ボタンを選択後、宛先のウォレットアドレスを入力して送金します。自分のウォレット間の送金の場合、アカウントを選択するだけでOKです。

秘密鍵のエクスポート

メタマスク起動後、【アカウント横の三点(・・・)を選択→アカウントの詳細】と移動すると上図が開きます。【秘密鍵のエクスポート】を押してメタマスクのパスワードを入力しましょう。インターネット上に公開しないように気を付けてください。

カスタムトークンの追加

ETHなど自動で表示される通貨もあれば、ウォレットにあるはずなのに表示されない通貨もあります。その場合、カスタムトークンの追加をしましょう。

アセットの下の方に【トークンを追加】ボタンがあります。これを押して【カスタムトークン】タブを選択します。

カスタムトークン画面で追加したい通貨の「コントラクトアドレス」を調べてコピペし、トークンシンボルが正しく表示されれば【次へ】を押して完了です。コントラクトアドレスはコインゲッコーから取得すれば確実です。

コインゲッコー

アクティビティの確認

送金や購入時にトランザクションを送信すると、ウォレットのアクティビティにステータスが表示されます。左側の矢印マークを見て、クルクル回っていたらトランザクションが承認されていない状態、赤かったら失敗しています。

接続済みサイトの確認方法

マイクリのHPなど、ウォレットを参照するページではメタマスクへの接続を求められることがあります。メタマスクでは、現在接続を許可しているサイトの一覧を確認し、削除することができます。

【アカウント横の三点(・・・)を選択→接続済みのサイト】を選択するとサイト一覧が表示されます。

定期的にこちらを確認し、怪しいサイト・不要なサイトがあれば削除するようにしましょう。

【モバイル】メタマスクからブラウザーを参照する

スマホではPCと違って普段利用しているブラウザにメタマスクを連携させることができません。ただし、ウォレットアプリの中からブラウザにアクセスすることでメタマスクに連携した状態でサイトにアクセスできるようになります。

スマホからOpenseaなどのウォレット接続が必要なサイトを利用する場合、モバイルウォレットアプリ内から【ブラウザー】機能を利用しましょう。これを利用することでPCが無くてもほとんどの操作・ゲームに不自由がなくなります。

ガス代の設定方法

ウォレットから買い物をする際、ガス代を変更しないで承認してしまうと必要以上に多く払うことになってしまいます。トランザクションを送る際には必ずガス代を確認・変更しましょう。ガス代に関してはこちらの記事に書いてあります。

メタマスクではNFTの確認はできない

メタマスクアプリ自体には保有するNFTのビューアがありません。NFTを確認したい場合、Openseaなどのマーケットに行ってマイページを確認しましょう。

最後に

ETHウォレット・特に秘密鍵は、完全自己管理で厳重に扱う必要があります。そして銀行と違って秘密鍵の漏洩などで不正送金されても取り返すことはできません

また、ETHウォレットは公開されているため財布の中身が外から丸見えなので常にセキュリティ意識を絶やさないようにしましょう。

そもそもブロックチェーンゲームってなんでこんなややこしい仕組みなの?ということが気になったらこちらの記事を読んでみてください。

従来のゲームとの違いやウォレットの必要性、今後の将来性や現状の課題など様々な角度から基本情報をまとめています。

難しいと感じた場合には、まずは少額から少しずつ試してみると良いでしょう。

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)ではETHを利用

多くのNFTゲームではイーサリアムというブロックチェーンが利用されるため、課金には仮想通貨「ETH」を使います。また、イーサリアムを購入するためには仮想通貨取引所の開設が必要です。ここではオススメの取引所を2つに絞って紹介します。

NFTマーケットが始まるコインチェック

コインチェック

まずオススメなのはコインチェック。

なぜブロックチェーンゲーマーにオススメかというと、コインチェックにはゲームのNFTを売買することができるNFTマーケットがあるからです。コインチェックマーケット限定で販売されるNFTもあるため、是非開設しておきましょう。

新規開設までに時間がかかる可能性があります。

コインチェックの無料登録はこちら >>

小さい手数料でアルトコインが購入できるビットバンク

bitbank

アイテムの購入以外にも仮想通貨の売買を繰り返す予定がある人は、できる限り手数料が小さい取引所を利用しましょう。

コインチェックは「販売所形式」でコインチェックから直接ETHを購入するため一定の手数料が掛かります。一方、ビットバンクは「取引所形式」で市場からETHを購入できるため、手数料が小さく済みます。取引初心者だと取引画面に戸惑うかもしれませんが、すぐ慣れるので頑張ってみましょう。

ビットバンクの無料登録はこちら >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました