アクシーインフィニティ攻略 | ブリード入門編 ケーススタディと具体的な投資戦略

海外BCG

現在(2020/11/6時点)、Axie InfinityでETHやSLPを増やす方法は大きく3つあります。

Axie InfinityでETHやSLPを増やす3つの方法

1.PvE、PvPをプレイしてSLPを増やす
2.アクシーをブリードして売り、ETHを増やす
3.アクシーやランド、アイテムをマーケットで売買してETHを増やす

本記事では、2番[ブリーダーとしての稼ぎ方]の入門編という位置づけで、ケーススタディとともに具体的な投資戦略を解説します。

本記事(4000字)を3行で解説

 ・はじめてのブリードには100% Birdブリード法がおすすめ
 ・3つのリスクが割と脅威なので過信禁物
 ・最安アクシーでブリード禁物

※SLP価格は2020/11/4時点の 100SLP = 0.0075ETH (≒256円)を採用
※Gas代は執筆時点でトランが通る15~20gweiあたりの実績を基に記載

2021/5/9 追記:4月末に実施された大型アップデートにより、ブリードに掛かる費用が大幅に変更されました。

【主な変更点】
・ガス代が不要に変更
・ブリードに必要な費用は「1AXS+XXSLP」
・SLPの消費量はアプデ前と変わらない
・ブリードで産まれる子どもにランダム性が追加された

従って、本記事の内容は古いものとなります。ブリードができるようになり、仕様がわかってきたらまた記事を書きたいと思いますのでお待ちください!!

【基礎知識】ブリードについて

ブリードの基礎知識

  • ブリードとは2匹のアダルトアクシーを選び1匹のタマゴアクシーを作成する処理を指す
  • 両親のDNAによって子どものタイプやパーツが変わる
  • ブリードカウントが大きい個体ほどブリードに必要なSLPが増える
  • ブリードカウントはブリードにのみ影響し、バトルには影響しない
  • いくらアクシーでも兄弟でブリード行為はできない

ブリードの流れ

インベントリから「Breed」を押すだけでだれでもブリーダーになれます。

ブリーダーの活動サイクルは以下の通りです。

  1. BC0の親アクシーを買う(or 育てる)
  2. 他のアダルトアクシーとブリードする
  3. BCが増えた親アクシーを売る(or バトルで使う)
  4. 子アクシーを育てて1番に戻る(or BC0で売る)

親2匹から子N匹をブリードするための費用の目安

親2匹から子N匹をブリードする費用の目安を紹介します。

費用は日々のSLP価格・ガス代(緑字で記載)により大きく変わってしまうので要注意が必要です。
本記事の計算に使用する費用の内訳は以下の通り。

ブリード費用の内訳
  • ブリード代+ガス代 → 約0.02ETH
  • 赤ちゃんから子アクシーへ変換処理のガス代 → 約0.003ETH
  • 子アクシーから親アクシーへ変換処理のガス代 → 約0.007ETH
     →0.02 + 0.003 + 0.007 = 0.03ETH
  • ブリードに必要なSLP → 1匹目:200SLP、以降400SLP,600SLP,1000SLP,1600SLP…

1匹目のブリード費用 = 0.045ETH (0.03ETH + 200SLP(=0.015ETH))
2匹目のブリード費用 = 0.060ETH (0.03ETH + 400SLP(=0.030ETH))
→3目のブリード費用 = 0.075ETH (0.03ETH + 600SLP(=0.045ETH))
→4目のブリード費用 = 0.105ETH (0.03ETH + 1000SLP(=0.075ETH))
→5匹目のブリード費用 = 0.155ETH (0.03ETH + 1600SLP(=0.120ETH))

2020/11/12 追記
最新のSLPレートに従って読み替えてください
SLPレートはこちらから確認できます(Uniswapのページ。ここでSLPを売り買いします)
 ・詐欺注意の文面が出たら【✔I understand】→Continue
 ・SLP⇔ETH のSLP側に調べたい量のSLPを入力

ブリーディングに潜む3つのリスク

ブリーディングには当然リスクが付きまといます。

いずれも変動が激しいので常にケアしておく必要がある項目です。

重要 ブリーディングに潜む3つのリスク

1.アクシーの相場変動リスク(購入時点と売却時点でアクシーの相場が変動する可能性がある)
2.ガス代高騰リスク(ガス代が上がれば支出増大)
3.SLP価値高騰リスク(SLPはETHとのみ交換可能なため、対ETH価格があがると支出増大)

本試算では上記のリスクを計算上無視するのでその点ご了承ください。

親2匹から子N匹をブリードして売る場合の収支計算式

基本的に以下の式が成り立つことが最重要です。

子供の売上見込み > ブリード費用 

計算式

計算の前提

■アクシーA
 任意の同一価格帯の個体をアクシーAと呼ぶ

■相場
 アクシーA(BC0)の価格: X ETH
 アクシーA(BC0以外)の価格: Y ETH
※BC=ブリードカウント

マーケットでBC0、PURE6に絞った状態

■SLP価格
 100SLP = 0.0075ETH

■ガス代
 0.005ETH

収入

BC0の子どもをN匹、BC0以外の親を2匹売った金額が収入となる

  • 子Axie(BC0)売却金額: X ETH/匹 × N匹 = X*N ETH
  • 親Axie(BCN)売却金額: Y ETH/匹 × 2匹 = Y*2 ETH

支出

BC0の親アクシー2匹の購入金額、ブリード費用、売却Feeの合計が支出となる

  • Axie(BC0)購入金額:X ETH/匹 × 2匹 = X*2 ETH
  • 子N匹ブリード費用: 子2匹なら0.105ETH、子3匹なら0.180ETH (ブリード費用の内訳を参照)
  • 売却Fee: 0.01 ETH/匹 × (N+2)匹 = 0.01*(N+2) ETH
     ※0.01 ETH/匹は概算であり、正確には売却リスティングのガス代と売却手数料5%前後
     ※N+2は子どもN匹+親2匹

収支

親2匹から子N匹ブリードし、親と子を全て売った場合の収支は以下の通り

親2匹から子N匹ブリードし、親と子を全て売った場合の収支の計算式(前提あり)

収入(X*N + Y*2) – 支出(X*2 +ブリード費用合計 + 0.01*N)ETH

具体例とブリード回数の損益分岐点

ブリード回数の損益分岐点は、子どもがいくらで売れるかに深く関わります。
本記事は入門編の位置づけとなるため、ブリードで必ず強い個体を生み出すことができない前提として難易度の低い100% Birdを利用します。

手持ちのカードだけでなく、こちらのChrome拡張機能を利用してDNAが全てピンクであることを確認しましょう。

R1に違うクラスがあるとPURENESS6以外が産まれる可能性があります。

計算の前提

■アクシーA
 ・マーケットで[Bird&PURENESS6][安い順]を条件に絞って上位に出てくるスキルセット帯を持つ個体
 ・DNAが100% Birdである個体

■相場 ※2020/11/6時点
 BC0:   X = 0.13ETH
 BC0以外: Y = 0.08ETH

※ガス代やSLP価格は随時変動します

【Case1】100% Birdで親2匹から子2匹ブリードした場合

収支

子ども2匹をブリードするのでN=2とする。

  • 収入(0.13*2 + 0.08*2) – 支出(0.13*2 +0.105 + 0.04)ETH
    = 0.015ETH

→全て売ったら0.015ETHのプラス

【Case2】100% Birdで親2匹から子3匹ブリードした場合

収支

子ども3匹をブリードするのでN=3とする。

  • 収入(0.13*3 + 0.08*2) – 支出(0.13*2 +0.180 + 0.05)ETH
    = 0.06ETH

→全て売ったら0.06ETHのプラス

【Case3】100% Birdで親2匹から子4匹ブリードした場合

収支

子ども4匹をブリードするのでN=4とする。

  • 収入(0.13*4 + 0.08*2) – 支出(0.13*2 +0.285 + 0.06)ETH
    = 0.075ETH

→全て売ったら0.075ETHのプラス

ブリード費用は、本記事の前提下では4匹目=0.105ETH、5匹目=0.155ETHかかります。

子ども1匹0.13ETHで売れる場合は5匹目以降のブリードは赤字になります。
また、ガス代やSLP価格の変動により4匹目でも赤字となる可能性があるので注意が必要です。

【番外編】最安のアクシーでブリードしたらどうなる?

■相場
 アクシーA(BC0)の価格: X=0.06 ETH
 アクシーA(BC0以外)の価格: Y=0.05ETH

親2匹から子N匹ブリードし、親と子を全て売った場合の収支の計算式(前提あり) ※再掲

収入(X*N + Y*2) – 支出(X*2 +ブリード費用合計 + 0.01*N)ETH

収支

子ども2匹をブリードする場合

  • 収入(0.06*2 + 0.05*2) – 支出(0.06*2 +0.104 + 0.04)ETH
    = -0.044ETH

最安アクシー同士のブリードはガス代に負けて赤字…

総括

机上では【100% Birdブリード大作戦】4回ブリードすると利益が最大化されるという結果となりました。
そしてこの結果は100% Birdよりアクシーの価格(本記事のX/Y)が高いほど再現性が高くなります。
なにをブリードすべきかは、X/Yの価格推移をチェックしたうえで決めましょう。

価格推移メモの例

また、繰り返しますがブリード1周を終えるまでに抱える3つのリスクには常に気を配ってください。

重要 ブリーディングに潜む3つのリスク ※再掲

1.アクシーの相場変動リスク(購入時点と売却時点でアクシーの相場が変動する可能性がある)
2.ガス代高騰リスク(ガス代が上がれば支出増大)
3.SLP価値高騰リスク(SLPはETHとのみ交換可能なため、対ETH価格があがると支出増大)

今回の手法は強いスキルを持たない個体を利用するため、供給過多になると一気に崩れます
最低限でもブリード対象の個体の場は毎日チェックしたほうがよいです。

また、ガス代ETH Gas Stationから、SLPの価格UNISWAPから毎日確認しましょう。

以上、入門編でした。

プロフィール
この記事を書いたひと
YUU

2018年末からブロックチェーンゲームを始め、ゲームで生きられる世の中が来ることを確信。【ゲームプレイ】【NFT投資】【NFTトレード】など様々な手段で稼ぐことを目指しています。知能と資産は高くありませんが好奇心は割と旺盛です。プロフィールはつらつらと赤裸々に書きました。

YUUをフォローする
海外BCG アクシーインフィニティ
YUUをフォローする
ブロックチェーンゲーム初心者の館

コメント

タイトルとURLをコピーしました